2015年10月17日土曜日

こんにちは。レオックあけぼの店の松岡です。

天気予報では今日は雨が降るかもしれないということでしたが爽やかな秋晴れになりよかったです。現在とある現場で外壁工事をしていまして雨が降ると作業できなくなることがあるため、やはり晴れの日はうれしいものです。ちなみに約2週間後の11月3日文化の日は晴天になることが多い特異日らしいです。新築の建て方にはもってこいの日です。

今日はそんな外壁工事をしている現場のことを書こうと思います。
皆さんは漆喰の補修は左官屋さんが漆喰を塗りなおすものだと思っていませんか?
私も数日前まではそう思っていました。
しかし!軽微な漆喰の補修ならばプラスチック面戸(低価格!)というもので補修ができます。
瓦屋さんが施工してくれました。

↓これがプラスチック面戸です。新築にも使われることがあります。メリットとしては雨どいの横にある漆喰でも雨どいを取り外さずに施工できる。ぽろぽろはがれてこない、スズメもお手上げといったところでしょうか。


こんな感じに仕上がります。
右側の手前にある白いのは雨樋です。

うん!きれい!
瓦は強いですがそれを固定している漆喰は数十年で劣化してしまいます。雨漏りや瓦がはがれる前に補修することをお勧めします。(○`・д・´○)ノシ

△ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲   △ ▼ ▽ ▲  
北欧風・和モダンリフォームの方はレオックあけぼの店の
ショールームへどうぞお越し下さい!http://www.reocc.co.jp/showroom/
豊橋・田原・湖西で増改築・リフォームならレオックあけぼの店へ
△ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲   △ ▼ ▽ ▲
 

0 件のコメント :

コメントを投稿