2016年1月8日金曜日

『几帳面』 ・・・ って(゜o゜)

みなさま、こんにちは(^^)
レオックあけぼの店の事務スタッフN.I.です。

今年も残すところ、あと358日となりました(ことしは『うるう年』ですね!)。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

この年末年始は珍しいほど本当に穏やかなお天気でしたね。
お正月休みが終わるのを待っていたかのごとく、急に寒くなってきましたが。

以前、このブログで母は蒲郡市竹島町出身とお伝えしました。
そして、1月2日に私の大好きな『竹島』に行ってきました。
領土問題にひっかからない(?) 蒲郡の竹島 に!
1月2日の昼間だったので、さすがにすごい人出!
人が入らないように撮るのが大変! 
逆光のなか、おびただしい数のトンビ(たぶん・・・)が上空旋回!
穏やかな天候とはいえ、橋の上は風がビュンビュンでした。
それでも島へ渡り、島内の 『八百富神社』 へ。
竹島のなかに神社があるのをご存じですか?
http://www.yaotomi.net/
私、大好きなんです!
さすがにお正月。順番に列にならんでお参りしてきました。
おみくじは残念ながら『末吉』。。。
せめて自ら災いを引き起こさないように粛々と過ごしてまいります。。。


さて、話はコロリと変わります。

先日、年内最後のブログで干支の置物の話をしました。
そしてこのお正月、帰省していた姪っ子が
可愛らしいちりめん細工の猿の置物をくれたのです(*^_^*)

私の買った安物とは大違い!



















ただ、床の間に飾るときに困ってしまいました。
この、垂れ幕のようなもの をどう置くのか。。。
図説のようなものは入っていません。
そこで、ネットであれこれと調べました。
そこから、面白いことを発見するに至りました。
まず、この垂れ幕のようなものの名称は 几帳(きちょう)』 でした。
私は知りませんでした。
百人一首でも時代劇でも目にしますよね。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E5%87%A0%E5%B8%B3

お人形の背後に置くのが良さそうだと分かると同時に、
気になったのが 『几帳』 という名称。
『几帳面』 と同じ字を書くんですよね。
(ひょっとして、几帳面』 の 語源 となったものなのかな)と。
(でも、どういう経緯で???)と。
そして改めて『几帳面』ということばを調べてビックリ(゜o゜)
『几帳面』 ・・・って、 建築用語 
だったんですね!

https://kotobank.jp/word/%E5%87%A0%E5%B8%B3%E9%9D%A2-474614#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

http://gogen-allguide.com/ki/kityoumen.html

建具関係の言葉 だったとは!
そこからきちんとしているという私たちがよく使う
「几帳面」の意味合いにも転じていったのですね!
いかにも日本らしい言葉のなりたち。
知らないことがイッパイあるなぁ。
日本語ってイイなぁ。

今日のブログのタイトルを一見して、この内容をすぐに想像された方は
どれくらいいらっしゃるのでしょうか?
レオック、オノコムの社員なら・・・・・・?
建具屋さんならもちろん・・・・・・?


今年もいろんなことを少しずつでも吸収できたらなと思います。
ひとつ入れるとふたつ出ていってしまうようなキャパの私ですが(^_^;)、
みっつ以上は出ていかない私を目指して!!!


▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲  
北欧風・和モダンリフォームの方はレオックあけぼの店の
ショールームへどうぞお越し下さい!http://www.reocc.co.jp/showroom/
豊橋・田原・湖西で増改築・リフォームならレオックあけぼの店へ
レオック あけぼの店 : 0532-47-8499
▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲


0 件のコメント :

コメントを投稿