2017年3月14日火曜日

LED照明器具 一体型と交換型

こんにちは!
レオックあけぼの店の山西です。

照明器具、今はLED照明器具が一般的になってきましたね。
LED照明器具には大きく分けて、
ランプ一体型と交換型があります。

一体型とは照明器具本体とLEDランプが一体になっているので、
いずれランプの寿命がきた時にランプだけの交換はできず、
照明器具本体と一緒に交換しなければいけません。
LEDランプは使い方にもよりますが、一般的に10年位もつと
言われています。10年経てば器具本体の寿命もくるので
本体も一緒に交換しましょうという考えです。

LEDの照度は年数が経つと落ちてきます。また10年経たずに
切れてしまうこともあります。この場合、ランプ交換型だと
LEDランプ交換だけで済みます。

どちらがいいのでしょう?
自分の基準としては、
長時間使用する場合は交換型をお薦めしたり、
一つの空間でデザイン的に同じ照明器具を複数使う時も交換型を
お勧めします。せっかくデザイン考えて照明器具を選んだのに、
5年後にランプが切れてしまい、更に器具本体が廃盤になっていたら・・・
一つだけ違う照明器具になっちゃた・・・ってことがあります。

使う部屋、空間によって考えると良い照明計画が立てられます。

豊橋でリフォームするならレオックへ HPはここをクリック

△ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲△ ▼ ▽ ▲  

北欧風・和モダンリフォームの方はレオックあけぼの店の
ショールームへどうぞお越し下さい!
豊橋・田原・湖西で増改築・リフォームならレオックあけぼの店へ
電話0532-47-8499

△ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲ △ ▼ ▽ ▲△ ▼ ▽ ▲


0 件のコメント :

コメントを投稿